カードローンは必要最小限に!

カードローン・・・。

 

現在の様な、若者の給与が増えない現状では、生活費にも事書くのが現状になります。もはや必要悪と言っても過言ではなく、昔はいわゆる「サラ金」と言われていたアコムやプロミス等が、幹線道路沿いに自動審査の上、融資まで行う機会をあちこちに設置しています。傍から見ていて気分の良いものでは決してありません。

 

いわゆるグレーゾーン金利を行っていたことからも分かるように、金融業者にしても、法律の網目を掻い潜ってわざと高い金利にして着た結果、最高裁判所の判決で、グレーは金利無効、通常の金利での営業を余技なくされました。

 

金融業者からすれば、利子が高ければ高いほど利益に結びつくからこそ、「グレー金利」を最大限利用していました。しかし、グレー金利が法律違反だと最高裁判所が認定した時点で、各金融業者はいきなり体力がなくなり、結果、各大手都市銀行の参加に収まっています。金融業者も借りる人が沢山のお金を借りてくれるからこそ、商売として成り立っていますが、借りる側からすれば、「立派な借金」になります。

 

「借金」である以上、いずれは利子を付けて返さなくてはならないお金である事をもっと確り認識する必要があります。これが金融業者からではなく、それぞれの友人から借りたお金であれば、借りた側が頭を下げて「有り難う御座います。」とお礼を言わなくては行けません。

 

友人であれば、期限に返済するお金を用意しきれなくても待ってくれますが、金融業者は容赦無く取り立てます。そうです、その先にあるのは、「自己破産」、「見の破滅」です。

 

自己破産は終生ついてまわるものであり、「禁治産者」や「準禁治産者」になって、一生を某にふりかけません。この様な時代ですので、「使ってはいけない」とは言いません。

 

しかし、コマーシャルでもある通り、「計画的に」は当然のこと、借金になるカードローンは必要最小限におさめ、自分自身の財政健全化を確り行うことこそ、非常に重要です。

 

昔と違い、むづかしい時代になりました。